もっと上をめざす人のための将棋
もっと上をめざす人のための将棋
■対応OS:XPVista788.110
価格:2,623円(税込)   ■ファイルサイズ:37.7MB
ダウンロードする
動作環境 (お客様のパソコンが下記の動作環境をすべて満たしていることをご確認ください)
OS 日本語 Windows® XP/Vista/7/8/8.1/10 (32/64bit)
CPU Intel®Pentium®III 750MHz以上
メモリ 256MB以上
HDD 160MB以上
ビデオカード 解像度800×600以上
書籍で学ぶよりも、パソコンのメリットを徹底活用して、はるか上をめざせ!
パソコンで学ぶメリットとは?
MERIT1/簡単な操作
インタラクティブ(双方向)な操作で、例えば、詰将棋では、前の問題に戻ったり、先の問題に飛ばしたりするのは、瞬時にして自由自在。
マウス操作だけで解答して学んで行けるので、スムーズに学習が進みます。
MERIT2/詰将棋作成も簡単
詰将棋作成でもパソコンはその威力を発揮します。各駒の配置はマウスで簡単操作、詰将棋として成り立つかどうかの最終チェックも専用人工知能が瞬時に判断してくれます。
また、お勧めはしませんが、本ソフトに用意されている250問の詰将棋問題も、この専用人工知能に解かせてみることも可能です。
MERIT3/いつでもどこでも練習相手
実際に対局してみようということになっても、指す相手を探す必要はありません。
「対局」では「金沢将棋」の最新人工知能が採用されており、厳選された20種類もの戦法・棋風のエンジンが相手をしてくれますので、道場四段クラスまでの方でも十分手応えを楽しんでいただけます。
本ソフトの構成
対局
戦法・棋風から厳選した20種類の思考エンジンを用意いたしましたので、相手の打ち筋を研究したり、苦手な戦法を相手に選ぶことで、将棋研究・棋力向上に大いに役立ちます。また、自動保存される「棋譜」をさかのぼっての「指し直し」が可能なので、「もし違う手を指していたら、対局はどう展開していたか」を身をもって体験することが出来ます。この指し直し機能を活用して、研究に研究を重ねることにより、実力は大きく向上します。
詰将棋
関根茂九段作成の実力六級〜二段クラスの方を想定した3手詰から11手詰までの250問を用意しました。詰将棋専用の人工知能が組み込まれているので、正解手順以外の手を指した場合、当然不正解ではありますが、コンピュータはそれに対応した最適手を返してくれます。最後まで指し続けられるので、なぜ間違ったのか、その理由をじっくり納得いただけます。ヒント機能でのアドバイスも関根茂九段による書き下ろしです。
詰将棋作成
使い方はさまざま。詰将棋の問題を入力してコンピュータに解かせることも出来るので、問題を検証したり、新聞や雑誌に掲載されている詰将棋問題を解かせたり…。自分で作成した問題は、詰将棋データとして保存・読み出しが可能です。